おたるないバックパッカーズホステル杜の樹 は、1999年9月22日(水)北海道小樽に北海道で最初のバックパッカーズホステルとして誕生した。(旅人宿やとほ宿、民宿はもちろん以前からあった。ゲストハウスはなかった。)

その数年前、かみさんと二人で、ワーキングホリーディを利用しニュージーランドで1年間暮らしていた。
その時、よく利用していたのが、バックパッカーズホステルである。延べにして約250泊した。
そのバックパッカーズホステルには、世界中から旅人が集い、出逢い、語らい、そしてまた旅立っていく。
そんな単純な宿だった。
基本は男女別相部屋。自炊ができ、みんなが集まる部屋がある。
個室にこもるのではなく、そこに集った人々と、旅の情報交換や、他愛のない語らい、一緒に酒を飲み、時にはそこから一緒に旅に出る。
そんな自由な旅を体感できる宿がバックパッカーズホステルであった。

また、僕を惹きつけたのが、宿と町の関わり合い。
宿には食事の提供もなければ、カフェも、バーもない。スタッフもほとんど姿を見せないこともある。
僕らは自ずから町を歩き回る。小さな食料品店で食材を買ったり、町に一軒しかないレストランで食事をしたりした。

そこに宿があるだけで、その小さな町に多少なりの利益を生み出すシステム。

その宿がその町の一部であり、その町がその宿の全てのステージ。町と共に歩んでいかなければ、その宿はなく、旅人と町と宿の共生・助け合い・コミュニケーションがあった。
その町全体があたかも巨大なホテルのようでもあった。

ちっちゃな宿が、でっかいことやってるじゃねーか!」とも思えた。

はじめは
「こういう宿は日本にはあまりないよね」が、
「日本にあったらいいね」となり、
「なければ作ろう!」と
思いは変わっていった。

帰国後、宿の場所探し。
はじめから、新築は考えて無く、古民家などを探し歩いた。
それは小樽でだけでなく、北海道中を。
でも、僕たちのたまたま目に留まったのは、郷里小樽の古い家。
ここを見つけ、約2年かけて改修。

そして、1999年に「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」としてオープンした。

それ以来、日本国内、世界各地からの旅人にご利用していただいている。

今度は、僕らが、旅人を迎え、送る立場。
でも、僕らはいつまでも自由な旅人である。

「旅人は自由」だ。

南半球の島で旅をして、そこから持ち帰ったお土産は「この宿」だった。
自分へのお土産でもあるし、ここに来る旅人へのお土産でもある。



杜の樹の前日譚であるニュージーランドでのお話。
「アオテアロアのヒツジ探し」
A YEAR IN NEW ZEALAND WITH MY WIFE
原田正樹 1998年 新風舎