おたるないバックパッカーズホステル杜の樹は
 北海道小樽の
 自由で気ままなバックパッカーの宿で
 いわゆる「ゲストハウス」です
この宿は
 昭和初期に建てられた古い民家を
 できる限り自分たちでリノベーションし
 1999年にオープン
 北海道で最も古いゲストハウスのひとつです

歳月が流れ旅人や旅の形が変わっていっても
 ここは変わらずいつものように
  ただそこにあるあり
   旅人を迎えるだけの宿です

これが
 おたるないバックパッカーズホステル杜の樹
 です

屋号の由来

宿の正式名称は、
 「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」 ”The Otaornai Backpakers' Hostel MorinoKi"です。

「おたるない (Otaornai)」とは、
 小樽地名の由来であるアイヌ語の「Ota-or-nai(砂浜の中の川)」から取りました。
 ※「おたるない」は「小樽の中(内)」という意味ではありません。

「バックパッカー (Backpacker)」とは、
 バックを背負って旅をする個人旅行者のことで、自由で気ままな旅をする旅人たちのこと。

「ホステル (Hostel)」とは、
 その語源はホテル(Hotel)と同じで、ラテン語の “hospes”(旅人・巡礼者)であるといわれていて、“Hospital”(病院)の語源と同じです。つまり、ホステルもホテルも病院も疲れた旅人(病人)が安らぎと憩いを求め、リフレッシュあるいは治癒し、またそこから旅立っていくという場所です。

「バックパッカーズホステル (Backpakers' Hostel」は
 そんな旅人のための宿です。

「杜の樹 (MorinoKi)」とは、
 近くに水天宮という神社があり、その昔は、この一帯が神社を中心とした小高い「鎮守の杜」だったかもしれません。その「杜の中の一本の樹で、その一本の樹がこの杜を作っている」という意味でつけました。
 現在、この町には、あるいは、この世界には、いろいろな家や店、宿があり、それらがこの世界を作っています。
 杜の樹は、その多くの家の中のだだ一軒の家、ただ一軒の宿でしかありません。
 その一軒の宿や家が集まって町を成しています。
 その一軒の宿はあなたの豊かな旅の小さな思い出のひとつになれば幸いです。

杜之樹的旅宿声明 "morinoki manifesto"

Online Booking of MorinoKiBOOK NOW!ご宿泊のご予約はこちらから

M-book R オンライン宿泊予約