おたるないバックパッカーズホステル杜の樹は
 北海道小樽の
 自由で気ままなバックパッカーの宿で
 いわゆる「ゲストハウス」です
この宿は
 昭和初期に建てられた古い民家を
 できる限り自分たちでリノベーションし
 1999年にオープン
 北海道で最も古いゲストハウスのひとつです

歳月が流れ旅人や旅の形が変わっていっても
 ここは変わらずいつものように
  ただそこにあるあり
   旅人を迎えるだけの宿です

これが
 おたるないバックパッカーズホステル杜の樹
 です

屋号の由来

宿の正式名称は、
 「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」 ”The Otaornai Backpakers' Hostel MorinoKi"です。

「おたるない (Otaornai)」とは、
 小樽地名の由来であるアイヌ語の「Ota-or-nai(砂浜の中の川)」から取りました。
 ※「おたるない」は「小樽の中(内)」という意味ではありません。

「バックパッカー (Backpacker)」とは、
 バックを背負って旅をする個人旅行者のことで、自由で気ままな旅をする旅人たちのこと。

「ホステル (Hostel)」とは、
 その語源はホテル(Hotel)と同じで、ラテン語の “hospes”(旅人・巡礼者)であるといわれていて、“Hospital”(病院)の語源と同じです。つまり、ホステルもホテルも病院も疲れた旅人(病人)が安らぎと憩いを求め、リフレッシュあるいは治癒し、またそこから旅立っていくという場所です。

「バックパッカーズホステル (Backpakers' Hostel」は
 そんな旅人のための宿です。

「杜の樹 (MorinoKi)」とは、
 近くに水天宮という神社があり、その昔は、この一帯が神社を中心とした小高い「鎮守の杜」だったかもしれません。その「杜の中の一本の樹で、その一本の樹がこの杜を作っている」という意味でつけました。
 現在、この町には、あるいは、この世界には、いろいろな家や店、宿があり、それらがこの世界を作っています。
 杜の樹は、その多くの家の中のだだ一軒の家、ただ一軒の宿でしかありません。
 その一軒の宿や家が集まって町を成しています。
 その一軒の宿はあなたの豊かな旅の小さな思い出のひとつになれば幸いです。


前日譚「それは南からはじまる」

おたるないバックパッカーズホステル杜の樹 は、1999年9月22日(水)北海道小樽に北海道で最初のバックパッカーズホステルとして誕生した。※旅人宿やとほ宿、民宿はもちろん以前からあったが、バックパッカーズホステルはなかった。

その数年前、かみさんと二人で、
ワーキングホリーディを利用し
ニュージーランドで1年間暮らしていた。

その時、よく利用していたのが、
バックパッカーズホステルである。
のべ約250泊したそれらのバックパッカーズホステルには、
世界中から旅人が集い、
出逢い、
語らい、
そして
また旅立っていく。

そんな単純な宿だった。

基本は男女別相部屋。
自炊ができ、みんなが集まる部屋がある。
個室にこもるのではなく、
そこに集った人々と、
旅の情報交換や、
他愛のない語らい、
一緒に酒を飲み、
時にはそこから一緒に旅に出る。

そんな自由な旅を体感できる宿が
バックパッカーズホステルであった。

また、僕を惹きつけたのが、
宿と町の関わり合い。

宿には食事の提供もなければ、
カフェも、
バーもない。
スタッフもほとんど姿を見せない。

僕らは自ずから町を歩き回る。
小さな食料品店で食材を買ったり、
安いレストランで食事をしたりした。

そこに宿があるだけで、
その小さな町に
多少なりの利益を生み出すシステム。

その宿がその町の一部であり、
その町がその宿の設備であった。
町と共に歩んでいかなければ、
その宿はなく、
旅人と町と宿の共生
助け合い
コミュニケーションがあった。

「ちっちゃな宿が、
 でっかいことやってるじゃねーか!」

とも思えた。

はじめは
「日本にはこんな宿はあまりないね」が
「日本にあったらいいね」となり
「なければ作ろう!」と変わっていった

思いは変わっていった。

帰国後、
宿の場所探し。
はじめから新築は考えて無く、
古民家などを探し歩いた。
それは小樽でだけでなく、
北海道中を。

でも、
僕たちのたまたま目に留まったのは、
郷里小樽の古い家。
ここを見つけ、
約2年かけて改修。

そして、
1999年に
おたるないバックパッカーズホステル杜の樹
としてオープンした。

それ以来、
日本国内、
世界各地からの
旅人が訪れてくれている。

旅をしていた頃、
僕らは迎えられる旅人だったが、
今度は、
僕らが旅人を迎え送る。

ここに旅人が集い
語らい
笑い合い
ここから旅立ち
また新しい旅人が来る

立場が変わっても
僕らは
いつまでも
自由な旅人である

南半球の島での旅は
北半球の島で続いている。

「アオテアロアのヒツジ探し」
A YEAR IN NEW ZEALAND WITH MY WIFE

杜の樹の前日譚であるニュージーランドでの 旅行記
第3回新風舎出版賞ノンフィクション部門
最優秀賞受賞作

原田正樹 1998年 新風舎

出版社が廃業したため絶版になっています。お読みになりたい方は、宿に閲覧用に置いてあります。


morinoki staff について

masa

まさ

家代 Hostel Director

家代 (やだい)とは、

言うなれば、ホストのこと。「宿主」や「オーナー」、「マスター」と同意。あるいは「コンシェルジュ」もしくは「用務員」。 よく使われる「宿主」という言葉にはイササカ抵抗があります。この宿の主(ぬし)は、ここを訪れた「旅人」であり、僕はこの家を管理している代表であるという思いを込めて、「家代」と言うことにしています。

Profile Picture
  • 1960年代(昭和40年代)小樽生まれ小樽育ち。既婚
  • 1984年 東南アジア放浪
  • 1985〜1987年 映画学校で映像を学ぶ
  • 1987〜1988年 アメリカ横断(往復)
  • 1988〜1994年 札幌のTV-CM製作の仕事をする
  • 1995〜1996年、ニュージーランドにて夫婦でワーキングホリデー
  • ニュージーランド旅行記「アオテアロアのヒツジ探し」で第3回新風舎出版賞ノンフィクション部門最優秀賞(1997)を受賞
  • 2007〜2009年、北海道新聞でコラムを書く
  • 人嫌いではないが、徒党を組むのを好まず、基本は独りが好きである
  • 映画好き、マンガ好き、本好き、アウトドア好き、イヌ好き、ネコ好き、料理好き、酒好き、話好き、ときどき蕎麦を打つ、日本語教師、おたる案内人一級

momo & hug

モモとハグ

Concierge Cat & Dog

三代目番頭犬と初代番頭猫

三代目のウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの「ハグ hug」と 初代ネコの「モモ momo」は、「杜の樹」の接待係であり、影の主です。「杜の樹」の中でゴロゴロしています。
動物アレルギーやかなりにイヌやネコがお嫌いの方には、大変ご迷惑をおかけするかと思います。ご了承ください。

Profile Picture

hug ハグ(はぐみ): 犬 メス 2009年生まれ。

3代目ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークのホスト犬。
宿の出入りの際、ハグはよく吠えてお客様を歓迎をします。
でも、すぐに大人しくなりますので、決して噛みつくことはありません。怖がらないで、遊んでください。
勤務時間は、7時〜20時頃までで、夜は寝床へ帰ります。
生まれつきの疾患で、自然とお漏らしをしますので、宿ではオムツをしています。
食べることが好きなので、食べ物をねだりますが、決してあげないでください。もし何かオヤツをあげたいときは、ひと声おかけください。犬用ビスケットなどをお渡しいたします。

momo モモ: ネコ メス 2010年生まれ。

もともと保護猫で、子猫の時に宿に来ました。
幼少の頃、近所の野良猫とケンカして以来、リードに繋いでいますが、本人はあまり気にしていないようで、気ままです。また、猫アレルギーの旅人のためにもベッドルームに入らないようにしています。
24時間宿内にいますが、そのほとんどを寝て過ごしています。
あまり構い過ぎないでください。特に22時以降はおとなしく見守っていてください。すとれすになるようです。


whooper

もりのきヘルパー

Working Holiday on Otaru Project

ヘルパーは随時募集中!

杜の樹には、ときどき宿のお手伝いをしてくれる頼りになるヘルパーがいます。 通年杜の樹ではヘルパーをお願いしていますので、もし興味がある方はヘルパーとして小樽で生活してみませんか?

Profile Picture

杜之樹的旅宿声明 "morinoki manifesto"

Online Booking of MorinoKiBOOK NOW!ご宿泊のご予約はこちらから

M-book R オンライン宿泊予約