杜の樹の由来

宿の正式名称は、「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」といいます。

  • 「おたるない」とは、小樽地名の由来であるアイヌ語の「Ota-ur-nai(砂浜の中の川)」から取りました。※「おたるない」は「小樽の中」という意味ではありません。
  • 「バックパッカー」とは、バックを背負って旅をする個人旅行者のことで、そういう旅人のための宿なので「バックパッカーズホステル」。
  • 「杜の樹(もりのき)近くに水天宮(すいてんぐう)という神社があり、その昔は、この一帯が神社を中心とした小高い「鎮守の杜」だったのだろうということで、その「杜の中の一本の樹(全の一)」という意味でつけました。
    現在、杜の樹はこの町の一軒の家で、一軒の宿。いろんな宿や店や家々が集まって、この街を作っています。

ですから、「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」には、

  • 過去の小樽の残映。
  • 旅の憧憬。
  • 旅人との出逢い、語らい。

など、いろんな思いがこもった宿です。


もりのきノはじまり

「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」は、1999年9月22日(水)北海道小樽に北海道で最初のバックパッカーズホステルとして誕生した。
その数年前、かみさんと二人で、ワーキングホリーディを利用しニュージーランドで1年間暮らしていた。その時、よく利用していたのが、バックパッカーズホステルである。旅人が集い、出逢い、語らい、そしてまた旅立っていく。そんな単純な宿だった。
基本は男女別相部屋。自炊ができ、みんなが集まる部屋がある。
個室にこもるのではなく、そこに集った人々と、旅の情報交換や、他愛のない語らい、一緒に酒を飲み、時にはそこから一緒に旅に出る。
そんな自由な旅を体感できる宿がバックパッカーズホステルであった。また、僕を惹きつけたのが、宿とまちの関わり合い。
宿には食事の提供もなければ、カフェも、バーもない。オーナーもほとんど姿を見せないこともある。
僕らは自ずからまちを歩き回る。小さな食料品店で食材を買ったり、まちに一軒しかないレストランで食事をしたり。
そこに宿があるだけで、その小さなまちに多少なりの利益を生み出すシステム。
その宿がそのまちの一部であり、そのまちがその宿の全てのステージ。まちと共に歩んでいかなければ、その宿はなく、旅人とまちと宿の共生・助け合い・コミュニケーションがあった。
そのまち全体があたかも巨大なホテルのようでもあった。
ちっちゃな宿がでっかいことやってるようにも思えた。
はじめは
「こういう宿は日本にはあまりないよね」が、
「日本にあったらいいね」となり、
「なければ作ろう!」と
思いは変わっていった。
帰国後、宿の場所探し。
はじめから、新築は考えて無く、古民家などを探し歩いた。
それは小樽でだけでなく、北海道中を。
でも、僕たちのたまたま目に留まったのは、郷里小樽の古い家。
ここを見つけ、約2年かけて改修。
そして、1999年に「おたるないバックパッカーズホステル杜の樹」としてオープンした。
それ以来、日本国内、世界各地からの旅人にご利用していただいている。
今度は、僕らが、旅人を迎え、送る立場。
でも、僕らはいつまでも自由な旅人である。

「旅人は自由」だ。


杜之樹的広告

のっけからこんなことを言うのも、どうかと思いますが、この宿は、「老若男女を問わず、どなたでもお気軽にお越しください」というタイプの宿ではありません
大変申し訳ありませんが、「しみじみと孤独を楽しみたい方」や「二人っきりで甘いひとときを過ごしたいカップル」、「大勢で酒を飲み騒ぎたいグループ」には、決してお勧めいたしません。
また、この宿には、完全なる個室は存在しません。ベッドルームでの飲食は出来ませんし、お風呂やトイレは共同です。昨今個室の要望が多いのですが、ツインルームがひとつしかありません。ドミトリー(相部屋)が主体のバックパッカーズホステルです。個室がいいなら普通にホテルをお勧めいたします。


「中略」を読む

石垣の上にあるので、坂道を登って疲れ切っているのに、追い打ちをかけるように石段があります。重いスーツケースでお越しの方は大変かと思いますので、次回はバックパックで来て下さい。

また、古い日本家屋なので、バリアフリーではありません。本来なら、バリアフリーにしなければならないと、思っております。これはこちらの落ち度です。申し訳ありません。車いすでは廊下も通られません。トイレも行けません。これでは、本当にいけないと思っています。建物の不備は人のアイディアとチカラでカバーしたいと思っておりますので、至らぬ点ご迷惑をおかけする点はご了承ください。

古い民家なので、柱が少し傾いていたり、戸がチョッとイビツだったり、廊下がキシむところがあります。完璧な手直しをすればよいのですが、それが古い家の味として歴史を感じていただければ幸いです。

冬期間は、凍死こそしませんが、室内でも、とても寒いと思われます。大きな改築工事をしたり、暖房設備などを充実すれば、いいのかもしれませんが、そう簡単には出来ない事情というものがもあります。
また、夏はそこそこ暑い日がありますが、この宿にはクーラーはありません。
北海道の四季を体感していただけるかと思います。

最寄りの駅(南小樽)から車で2、3分のとこですが、歩くと10分ぐらいかかります。それもちょっと淋しい坂道です。
降りる駅は「小樽駅」をオススメします。歩くと15分ほどかかりますが、小樽の中心の駅で、観光案内所もありますし、ロッカーも寿司屋だってあります。小樽に来るなら小樽駅は必ず寄るポイントのひとつです。駅を出ると真っ直ぐに港が見えます。宿までの道程も平坦でアーケードのある商店街を通ってきますので、小樽の街を楽しめます。それも旅のひとつだと思っています。

駅から歩くと微妙な距離にあるというのに、送迎サービスはしていません。町歩きを楽しんで貰いたいのもありますが、もし荷物が多いようでしたら、大変申し訳ありませんが、タクシーをご利用ください。この宿屋がほかの仕事を奪うようなことをしたくはありません。
レンタカーが安くなって、車で旅する方も増えましたが、生憎駐車場は3台までしありません。でも、無料です。ましてやバイクにいたっては路上駐車になってしまいます。どうしても心配な方、ご遠慮ください。ほかのお宿さんをご紹介いたしまので、お許しください。

この宿にはカフェもレストランもありません。恐れ多くて食事を提供するようなことはできません。宿の近くには、たくさんの飲食店があり、たくさんの素敵なカフェがあります。もちろん居酒屋やバーもあります。宿にはありませんが、宿の近くにはたくさんあります。ご希望のお食事などがありましたら、お店をご紹介いたします。ただ、そのお店が気にくわなくても、ぐるなびなどの投稿しないでください。その店が至らなかったのではなく、家代のオススメがダメだったのです。家代を非難してください。

この宿には自炊設備があります。とりあえず一通り料理ができる鍋釜調味料はあります。石狩鍋やジンギスカン、ローストチキン、ブイヤベース、ピザ、シフォンケーキなどなどを料理することができます。ご一緒になった旅人とシェアする夕食などいかがでしょうか?家代も若干のお手伝いはできますので、ひとくちいただければ喜んでお手伝いいたします。

この宿には、温泉はありません。もちろんお風呂やシャワーはあります。
カフェも、バーもなければ、カラオケも、テニスコートも、卓球台もありません。もちろんルームサービスもありませ。みんなで輪になって歌ったり、毎晩呑み会があったり、たこ焼きパーティなどのイベントはもありません。

その上、この宿には、普通のテレビはありません。テレビは、DVD専用なので、地上波は映りません。野球や連続ドラマなどを見たい方には、不満に思うかもしれませんが、そのことで、家代を責めたりしないでください。今後もテレビを撤去することはあっても、「朝ドラ」を見られるようになることはありません。

また、ギターやオルガンなどの楽器もありますが、家代は何にもできません。皆さんが素敵な音楽を奏でてください。

でも、この宿には、本やマンガがたくさんあります。数は多いのですが、少々偏ったところがあります。「たがみよしひさ」の作品は、ほとんどありますが、「空知英秋」は一冊もありません。「ガラスの仮面」も「ワンピース」もありません。でも「石の花」や「火の鳥」はあります。お客さまのお好きなマンガがないからといって、家代に詰め寄らないでください。

この宿には、イヌとネコがうろついています。犬種は、大変由緒正しいイヌですが、そう思えない節もあります。この宿にあなたが来たときは、かなり大きな声で吠えると思いますが、絶対に噛むことはありません。飛びつくことがあっても、決して噛むことはありません。たまに機嫌が悪いときは、怒ることもありますが、きっと噛むことはありません。走ったりすると、吠えて追いかけてきますが、たぶん噛むことはありません。イヌが嫌いな方には、恐怖であると思われますが、ご了承ください。彼らは、彼らなりに、一生懸命に接待しているので、許してやってください。
また、ネコも同様にただ惰眠をむさぼってるのではなく、それなりに一生懸命接待しております。
イヌやネコアレルギーの方は申し訳ありませんがご注意ください。

この宿は、こういう宿ですが、小樽運河にも近いですし、寿司屋通りもすぐそこです。まあまあの眺めですし、落ち着いた静かな宿です。
また、宿には、カードゲームやボードゲームなどのもありますし、幾枚かのいい音楽のCDがありますし、日当たりのいい縁側もあります。ビクトル・エリセの映画もありますし、旅に関連した本もあります。小樽ビールもありますし、焼酎もあります。
さらに、家代は、気が向くとコーヒーを淹れますし、パンも焼きます。蕎麦も打ちます。多少無愛想なところはありますが、話し相手には最適な存在でありますし、知っていることは何でも教えます。でも、知らないことがたくさんあるので、そのことで呆れないでください。

ま、とにかく一度来てみませんか?

で、来てみたら思ったよりつまらない宿かもしれません。それはこちら側の至らない点もありますが、この宿はスタッフが作り上げてるのではなく、ここに来る旅人のみなさんにこの宿を作っていただいてます。

私は「宿主」宿の主(ぬし)ではありません。この宿、家の代表です。いわば管理人「家代」です。この宿の主(ぬし)は紛れもなく「旅人」のみなさんです。宿の主(ぬし)は旅人。
つまり、ここは旅先のあなたのウチです。

家代は「さあ!みんなで飲みましょう!」とか「さあ!うたいましょう!」とか「さあ!ゲームをしましょう」とか「さあ!語り合いましょう!」とか、滅多にクチにしません。
流れでそうなることがあっても、こちらから強制することも誘導することもしません。放置状態です。話相手になって欲しいときは、それとなく合図を送って下さい。存分にお相手いたします。


宿の雰囲気は、そのとき一緒になった旅人によって変わります。楽しいときもあるし、気まずいときもある、淋しいときもあるかもしれないし、一生忘れられない出来事があるかもしれない。
この宿はそういう宿です。
街の印象もそうです。
ま、旅はそういうもんだと生意気にも家代は思っています。
ですから、一度来て、また来てみてください。
きっと次は違った雰囲気のこの宿に、この街に、あなたの旅に出逢えるはずです。
ま、まずは一度来てみたら。
そして、また来てみたら。

“The Otarunai Backpackers’ Hostel MorinoKi” はらだまさき拝 2000年春/2018年春改


杜の樹スタッフ

  • まさ (家代)
      • 小樽生まれ小樽育ち
      • 1960年代(昭和40年代)生まれ
    • 資格: 日本語教師おたる案内人一級。
    • 家代とは。。。
      言うなれば、ホストのこと。「宿主」や「オーナー」、「マスター」と同意。
      よく使われる「宿主」という言葉にはイササカ抵抗があります。たとえば、寄生虫の宿主のようで・・・
      さらに、この宿の主(ぬし)は、ここを訪れた「旅人」であり、僕はここの家の代表であるという思いを込めて、「家代」と言うことにしています。

  • ハグ & もも(ホスト犬とホストネコ)
    • ウェルッシュ・コーギー・ペンブロークの「ハグ hug」と ネコの「もも momo」は、「杜の樹」の接待係であり、影の宿主です。「杜の樹」の中でゴロゴロしています。
    • ハグ hug: 犬 メス 2009年生まれ。
      玄関の出入りの際、ハグはよく吠えて歓迎をします。でも、すぐに大人しくなりますので、決して噛みつくことはありません。怖がらないで、遊んでください。
    • もも momo: ネコ メス 2009年生まれ。
      猫アレルギーのゲストのため、リードに繋がれていますが、本人はあまり気にしていないようで、気ままです。
    • 動物アレルギーやかなりにイヌやネコがお嫌いの方には、大変ご迷惑をおかけするかと思います。ご了承ください
    • 犬と猫には、許可なく食べ物を与えないでください。また、かまい過ぎないでください。(特に22時以降)
    • momo & hug (Facebook)